間接フリーキック 【ブログなサッカー部】

サッカーの基礎用語」

間接フリーキックとは、キックされたボールが
ゴールに入る前にほかのプレーヤーに触れてないと
得点にならないフリーキック。

●間接フリーキックになってしまう反則
・主審が危険と判断したプレー
 相手の近くで足を高くあげたり、オーバーヘッド
 キックなどをした時。

・ボールに関係ないチャージ
 正しいチャージでも、ボールがプレーの範囲外に
 あると反則になる。

・オブストラクション
 ボールをプレーしていないのに、故意に
 相手を妨害したとき。

・ゴールキーパーへの不当なチャージ
 キーパーが高いボールに向かってジャンプしている
 ときにチャージする。キーパーが持っているボールを
 肩や頭で落とそうとする。セービングした状態で地面の
 上にあるボールを蹴ったり、ボールをキャッチしている
 キーパーを蹴る。

・キーパーへのバックパスの制限
 味方のゴールキーパーに意図的にボールがキック
 された時は、キーパーはこのボールを手で触る事は
 できない。


☆ランキングのご協力お願いします☆
 
ランブロ

人気blogランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18743932

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。